アスファルト分析装置

アスファルト混合物中のアスファルトを抽出する試験は品質管理及び検査上重要な試験とされています。省資源・省力化・環境問題に配慮した試験装置をご提供いたします。

ASゾール炭化水素系抽出溶剤

ASゾールは、塩素系や臭素系溶剤の代替溶剤として開発された、 オゾン層を破壊しない地球や人体に優しい、溶解力の優れた炭化水素系溶剤です。

外観

アスファルト抽出溶剤としても優れた溶解力を示し、塩素系、臭素系溶剤の代替として充分な性能を備えています。

各種溶剤による可溶分試験結果(JIS K2207 準拠)

溶液(アスファルト) 可溶分(%)
ASゾール 1.1.1 トリクロロエタン 他社A 他社B
ストレートAS 60/80 99.99 99.81 99.93 99.91
セミブローンAS AC-100 99.99 99.93 99.97 99.98
高粘度AS タフファルトスーパー 99.86 99.65 99.53 99.63
改良AS エコファルトK2 99.96 99.85 99.87 99.91
  • 同一人、同一試験器による結果

代表性状

外観 無色の液体
密度 0.830(15℃)
沸点 194~220℃
引火点 71℃(密閉式)(代表値)
粘度 1.6mm 2/S(40℃)

使用方法

  • ASゾールは、アスファルト抽出試験の従来からあるソックスレー法に代わるものとして開発された強制循環式自動抽出装置に使用する溶剤です。
  • 強制循環式自動抽出装置は、アスファルト抽出試験を時間を大幅に短縮し、さらに抽出・乾燥・溶剤蒸留再生までを自動的に処理することができます。
  • 詳しくは、強制循環式自動抽出装置[ARDENAK-6]のカタログをご参照ください。

法規制

  • ASゾールは、オゾン破壊係数(ODP)がゼロなのはもちろん、労働安全衛生法による特化則、毒物劇物取締法、大気汚染防止法等の各種規制対象外の安全な溶剤です。
  • 但し、可燃性ですので、消防法に基づく保管・取扱監理を行ってください。
  • オゾン層破壊 なし(ODP=0) 毒物劇物取締法 対象外
  • 有機溶剤予防則 対象外 大気汚染防止法 対象外
  • 特化則 対象外消防法 第4類第3石油類

取扱い

ASゾールは、安全性に優れた溶剤ですが、取扱いにあたっては、下記の注意事項を避守願います。 また、取扱い者は、事前に製品安全性データシート(SDS)をよく読んでいただくようお願いいたします。

【注意事項】
  • 取扱い場所には、関係者以外の立ち入りを禁止する。
  • 取扱う場合は、局所排気装置又はプッシュプル型換気装置のある場所で取扱う。
  • 漏れ、あふれ、飛散しないようにし、みだりに蒸気を発生させない。
  • 発散した蒸気を吸い込まないようにする。
  • 屋外での取扱いは、できるだけ風上から作業する。
  • 眼、皮膚、衣類に付けないこと。
  • 火気厳禁。
  • 周辺での高温物、スパーク、火気の使用を禁止する。
  • 熱、火花、裸火、高温のもののような着火源から遠ざけること。
  • 一禁煙。
  • 加熱したり、摩擦、衝撃を与えない。
  • 容器及び受器を接地すること。
  • 工具は火花防止型のものを用いる。
  • 内圧があるので、栓を少し開いて内圧を除いた後に容器を開く。
  • 取扱いの都度、容器を密閉する。
  • 容器を転倒、落下させ、衝撃を加え、又は引きずる等の乱暴な取扱いをしてはならない。

荷姿

  • 石油缶:18 リッター
  • ドラム缶:200 リッター

デモルーム完備

自動回収装置 ARDENAK-3

実績の高い特徴ある洗浄機や抽出機等を設置しております。 お気軽にご見学や洗浄試験、抽出試験のデモをご用命ください。

詳しくはこちら

ページのトップに戻る