卓上超音波洗浄機

水や溶剤を超音波により振動させ、付着した油や微細な塵・汚れなどを洗浄する技術です。幅広い用途で利用されており、製品の品質向上に大きく貢献しています。

W-357HPM 高周波超音波洗浄機

test

ワンユニットタイプの高周波洗浄機

  • 少量の洗浄物や研究室等での洗浄を容易にしました。
  • 1MHzの洗浄で、精密部品に付着するサブミクロンのパーティクル除去が可能です。
  • 洗浄液の循環を可能にしたオーバーフロータイプです。

ページのトップに戻る

WV-231S 減圧超音波洗浄機

test

減圧機能を登載(水系専用)

  • 従来の超音波洗浄機では、洗浄しきれなかった微細孔・袋穴の洗浄ができます。
  • 超音波洗浄機の洗浄要素であるキャビテーションがパワーップされます。
  • 減圧と常圧を自動で繰り返すため、汚れの剥離がスピーディーです。

ページのトップに戻る

Bransonic® シリーズ  メカニカル/デジタルタイプ卓上型超音波洗浄器

test

各種仕様ございます。

卓上型超音波洗浄器 「ブランソニック (Bransonic®) シリーズ」 は洗浄槽と超音波振動子が一体となったタイプの超音波洗浄器であり、油・ワックス・タンパク質などの除去、精密基板や精巧な宝石などの洗浄を短時間で安全に行います。ブランソン独自の球面波発振技術に加え、出力安定化機構や洗浄ムラを防ぐスイープ機能により洗浄物の隅々まで強力かつ均一な超音波洗浄を実現します。

詳細な仕様については弊社担当者までお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

ページのトップに戻る

超音波洗浄機の機種選定方法

超音波洗浄は汚れの種類に応じて、適切な洗浄液を選定し、超音波の物理的作用と洗浄液の化学的作用を組み合わせて最大限の洗浄効果を上げるようにすることが重要です。

超音波洗浄機の機種選定の際は、以下の項目をご参考にしてください。

①洗浄目的/汚れの種類:脱脂、研磨粉、パーティクルの除去など
②ワークの種類:材質、寸法(カゴを使用する場合は、カゴの寸法)など
③超音波洗浄機の形状:セパレート型、卓上型、石英振動体型、流水式

周波数別の用途と特徴

超音波洗浄機 取り扱いメーカー ※順不同

本多電子(株)・日本エマソン(株)・(株)カイジョー・(株)国際電気セミコンダクターサービス・チヨダエレクトリック(株)・日本アレックス(株)・他各社

ページのトップに戻る

デモルーム完備

自動回収装置 ARDENAK-3

実績の高い特徴ある洗浄機や抽出機等を設置しております。 お気軽にご見学や洗浄試験、抽出試験のデモをご用命ください。

詳しくはこちら

ページのトップに戻る